MENU

ムダ毛処理による足の肌荒れの症状

ムダ毛処理による足の肌荒れの症状は様々です。肌への負担が大きいため、ムダ毛処理をするとどうしても肌荒れが生じてしまいがち。そこで、ムダ毛処理による肌荒れの症状ときれいな足を手に入れるための対策をご紹介します。

 

まず、最も一般的なムダ毛処理方法はカミソリを使用することです。カミソリは便利で簡単ですが、刃で足の肌を傷付けてしまうため、肌の角質がめくれてガサガサになったり毛穴を広げる原因にもなります。更に石けんやボディソープを使用すると肌に必要な油分をとばしてしまう上、剃ることで肌を傷めてしまいます。カミソリを使用する場合は専用のシェービングクリームを使うようにしましょう。

 

次に毛抜きの使用です。毛抜きで処理すると、皮膚の下に残って埋もれた毛(埋没毛)が生じるため、毛穴がブツブツと目立って鳥肌のような症状になります。毛抜きでムダ毛処理をすると皮膚の一部を無理に引き抜くことになるので、毛穴を傷めてしまい、このような肌荒れを招きます。毛抜きによるムダ毛処理はなるべく避けた方が良いでしょう。

 

最後に除毛クリームです。除毛クリームは毛を溶かす刺激の強い薬剤を使用しているため、色素沈着やかぶれの原因になります。自分に合った肌に優しい除毛クリームを選ぶようにし、頻繁な使用は避けましょう。

 

以上のような肌荒れを防ぐため、カミソリを電気シェーバーに変える、毛抜きや除毛クリームは使わない等、極力肌への負担を減らすことが大切です。そしてムダ毛処理の後は十分に保湿することで、傷をつけたときに失われた肌の保護膜を補うことができ、美しい足をキープすることができます。