MENU

足のムダ毛処理が原因で肌荒れを起こすことも

足のムダ毛処理方法に気をつけないと、肌荒れを起こしてしまうこともあります。足は他の部位と比べると比較的皮膚の強い部分ですので、ムダ毛処理を行う際にもあまり注意しない人が多いのですが、自己処理が原因で毛穴が開いたり色素沈着を起こすこともありますので注意しなければなりません。

 

乾燥して皮膚が剥けている部分がある場合、除毛によって皮膚表面を削り取ってしまったことや脱毛による乾燥が原因です。除毛は肌に優しいように見えても、きちんとシェービングクリームを使用しないと小さな傷をつけてしまう可能性があります。脱毛では、処理後に毛穴が開いてしまって水分を蒸発させてしまいますので乾燥が悪化します。

 

足は露出の多い部分でもありますので、紫外線による影響も考えなければなりません。紫外線を浴びてメラニンの生成量が増えてしまえばくすみや色素沈着の原因になりますので、ターンオーバーを促して細胞の生まれ変わりを早める必要があります。古い細胞がいつまでも残っていると肌荒れを起こしやすくなって危険です。

 

足のムダ毛処理を行った後は、適切なアフターケアを行うことが大切です。アフターケアが足りないと肌荒れを起こしてしまう可能性が高くなりますし、ムダ毛処理をする前から既に肌荒れを起こしている場合には更にその症状を悪化させてしまいます。必要なケアはその都度違ってきますので、現在何が必要なのかを適切に見極めることもとても重要です。